ブログ

エキセントリックでキュートな吉岡里帆が可愛すぎる。チャットモンチーの新曲「いたちごっこ」のPV

こんにちは中村です。

久しぶりにこれは良い!!と思えるPVに出会いました。

チャットモンチーの新曲「いたちごっこ」のPVです。

曲も良いのですが、主演の吉岡里帆さんが素晴らしいです。彼女1人で全てを持っていっています。

個人的に好きなカットを紹介していきます。

スクリーンショット 2014-11-06 2.48.41

まず、なぜか携帯にブチキレて叩き壊します。理由はわかりません。

 

スクリーンショット 2014-11-06 2.49.27

なんとも言えない表情で歌っています。ドキッとする表情します。可愛いです。

 

スクリーンショット 2014-11-06 2.50.07

会議室に入ってきて机の上に乗ってプロジェクタのスイッチを足で入れますw

 

スクリーンショット 2014-11-06 2.50.37

机が並べられた部屋で走り回ります。周りの人はその動きに翻弄されています。

 

スクリーンショット 2014-11-06 2.50.58

と思ったら奇妙な踊りをはじめます。

 

スクリーンショット 2014-11-06 2.51.13

この表情も100点です。

 

素晴らしい、素晴らしすぎる逸材です。

 

なにが素晴らしいかといいますと。

彼女の存在感によって、この映像は支配されている!というところです。

 

僕は常々、映像制作はチームスポーツのようなもので、全体のバランスがうまくいってはじめて良いものになると思っています。言い換えれば、多くの人の力を合わせることで、やっと良いものができるということです。

野球で例えるならば、いい選手が1人いたことろで勝利に結びつくのは難しいですよね。サッカーでもそうです、あの中田英寿でも、本田圭佑でも、日本代表をワールドカップ優勝に導くことはできませんでした。

でもたまにいるのです。そうそれは奇跡的に。。。たった1人で全てを変えてしまう存在が。

それはたとえば、ちょっと勝てるだけの投手ではなくて、1年間に24勝もしてしまったあの田中将大や、

“私の戦術はロナウドだ”と監督に言われるほどの怪物ストライカーであった、FCバルセロナ時代のロナウド

※要出典【戦術はロナウドだ!】

 

彼らのように超越した存在において、セオリーや、常識などは通用しない。

そして、その片鱗を、彼女にみた。

このPVの中の彼女は画面を支配している!(1人しか出てないから当たり前なのだが)

まあ兎にも角にも、このPVをみて吉岡里帆という逸材を堪能してみては如何だろうか。

(壮大な前振り完了!)

 

 

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る