ブログ

メディアに溶け込む「ネイティブ広告」

ここ数年、テレビを見ている時にこのようなCMをよく見るようになりました。

この番組でしか流せないCMを作るなんて、手の込んだことしてるなぁ。
なんて事を考えていたのですが、

これは立派な広告手法の一つだった事を知りました。

「ネイティブ広告 (Native Advertising)」という手法です。
ユーザーがサービスを利用している際に「ユーザーの情報利用体験を妨げない広告」のことで、
元々はウェブサービスやアプリなどの記事媒体で使用されていたのですが、最近はテレビなどの映像媒体でも広く使用されるようになっています。
”広告はユーザーの情報利用体験を妨げない「ネイティブ」な形で提供されるべき”という考えから生まれた手法です。

 

広告(CM)って、どうしてもユーザーの情報利用体験を妨げる形で提供されてしまいます。
言い方は悪いですが、無理矢理ノイズとして表示されているという印象が強いですよね。
録画したテレビ番組でCMを飛ばすなんて普通で、リアルタイムで見ていれば他のチャンネルに変えるかトイレに行くか。。。

広告(CM)は作るのも大変ですが、見てもらうのはもっと大変なんです。。

見てもらうための作戦の一つが「ネイティブ広告」です。

上の動画例だと、ユーザーはドラマの世界観をCMで中断することなく最後まで楽しむことができます。

ネイティブ広告は、その広告(CM)を使用できる場所が限られてくるため使用回数が少なくなり低予算で作られることが多いですが、放送後にYoutubeなどにアップしてSNSを通して口コミで話題になれば、放送を見ていない人にも見てもらえるし効果は無限に広がりますね。

テレビCMに限らず、広告において重要なのはまず「見てもらうこと」
当たり前ですが、こんなにも広告が溢れていると「見てもらう広告」を作るのがとにかく難しい。
内容だけでなく見せ方、公開後の利用にも様々な戦略が必要ということですね。

 

最後に私が好きなネイティブ広告を。

c


関連記事

ページ上部へ戻る