ブログ

動画は短い方が面白い?

6秒動画を投稿するアプリ「vine」が生まれたのをきっかけに、

尺の短い動画を発信するのが流行り始めました。

最近流行しているアプリ「snapchat」でも投稿できる動画の尺は10秒以内だったりと、

短い動画が浸透しているのを感じます。

 

動画広告にもこの10秒以内動画の流行の波が来たら、

クリエイターの方々はかなり頭を悩ませるでしょう。。

一般的なTVCMが15秒なので、

それよりも短い時間に”見られる内容”を詰め込むのはかなり至難の業と言えます。

 

と、思っていたらこんな動画広告を見つけました。

一つ一つの短い動画を規則的に繋げた動画です。

特に何か仕掛けがあるような動画ではないのですが、

なんとなく最後まで見てしまいました。

 

よくよく見ると一つ一つの動画を丁寧に作っているのがわかります。

規則的に見せるからこそ、一つ一つの動画が細かく演出されています。

 

同じ内容を長回しで見せられたらきっと飽きてしまうでしょう。

全体の尺は6分ですが、短い動画を使っていることでテンポが良くなっています。

流行のものを上手に使う。。。参考にさせて頂きます。


関連記事

ページ上部へ戻る