ブログ

HuluがVRに対応しました。

VR(バーチャルリアリティ)元年と言われている今年、

世界中のIT会社から(VRを楽しむための)ヘッドセットのリリース情報が相次いでいます。
日本からはSONYが名乗りを上げていますね。

これまで「VR=ゲーム」という印象が強かったのですが、

映像業界にもVR技術が着々と入ってきていると感じさせるニュースを見つけました。

こちらの記事によると、

映像配信サービス大手の米Huluは現地時間14日、「Hulu VR」アプリが、最新の高性能ヘッドセットである「Oculus Rift(オキュラス・リフト)」に対応したと発表している。

とのこと。

VRヘッドセットの代表格と言えば、「Oculus Rift」「HTC Vive」「Playstation VR(PSVR)」の3つ。
この内の1つ「Oculus Rift」に対応したそうです。

ちなみにOculusはNetflix用のアプリをすでにリリースしています。

maxresdefault

「Hulu VR」アプリでは、メイン映像の周囲の背景が選択可能で、
360度映像とまではいきませんが、現実世界と隔離されて映像に没頭できることは間違いなし。

VRのポテンシャルを知りたい方はこちらの動画をどうぞ。

つい最近4Dで映画が見れるようになったかと思えば、もうVR。

いずれVR技術を使って360度見渡せる映画館も出てくるかもしれません。。

 

日本で見られるようになるのはまだ先になりそうですが・・
一体どんな映像が見れるようになるのか楽しみでしょうがないです。


関連記事

ページ上部へ戻る