ブログ

動画作成のためにおすすめのカメラの特徴!手ブレを抑える機材は?

本格的に動画を撮りたい!と思ったときに、やっぱりスマホのカメラや家庭用のビデオカメラでは少し物足りなさを感じてしまいますよね。今回は、本格的な動画作りを考える上でまず初めに購入してほしいカメラの特徴や、揃えておくと助かる機材をご紹介します。

初心者は使いやすいレベルのカメラを!

カメラは使いやすく価格も高すぎないのが大事。カメラ屋さんに行くと画質や独自の優れた機能にばかり目を奪われてしまいますが、とりあえずそれはあとから考えましょう!初心者はとにかく使いやすいカメラを選ぶのが大切。手になじみ、使い方もすぐに覚えられるようなものをじっくり選びましょう。

カメラは結構重たいものが多いので、特に女性は長時間持っていても疲れないものを選ぶようにしてくださいね。

また、価格も高すぎないのがおすすめです。いきなり高いカメラを買ってしまうとアクティブに撮影できなくなってしまいますし、ふとしたときに故障させてしまうと凹んでなかなか新しいカメラを買いにくくなってしまいます…。

ビデオカメラと一眼カメラ、どっち!?

さらにカメラを選ぶ際、一般的なビデオカメラにするか、動画も取れる一眼カメラにするかは非常に悩みどころですね。これは好みの問題が大きいですが、家庭用のビデオカメラなら手ぶれ補正がついているものもありますし、バッテリーも比較的長時間持つものが多いです。

逆に一眼カメラは本当に映像が美しいですし、カメラを購入すれば様々な表情の映像を楽しむことができます。しかし手ぶれ補正がなく、調整も難しいので、どちらかというと中級者から上級者向けといった印象ですね。

動画をよりキレイに撮るために!手ブレを防ぐ機材

では、ここからはあるとより動画撮影を楽しめる機材をご紹介します。

自主制作映画などで気になるのが手ブレ!手ブレがひどいと酔ってしまって最後まで映像を見られない…なんてこともあります。そんな手ブレを軽減させるために重要なのが三脚や専用グリップ。

三脚はすっかりお馴染みの撮影機材ですが、あると本当に便利です。カメラを置けば自分も撮影できるので、一人での撮影も可能!もちろん手ブレの心配はありません♪

専用グリップですが、カメラを設置することでカメラを持ちやすくなり、直接持つより手ブレを軽減できます。ローアングルやハイアングルも撮りやすくなるので、かなり撮影の幅も広がりますよ。

自分にぴったりのカメラ&機材を選ぼう!

おすすめのカメラの選び方や手ブレを防いでくれる機材を紹介してみました!まずは撮りやすいカメラを選んで、見やすい動画作りを始めてみましょう!


関連記事

ページ上部へ戻る