ブログ

専門学校?サークル?映像制作を学べるのはどこ?

映像制作に興味があるけど、どこで学べるのか分からないという方のために、映像制作を学べる場所をご紹介します。将来本格的に映像制作の道に進みたいという方から、趣味の幅を広げたいという方まで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

美術大学

本格的に映像制作を学びたいのなら、美術大学へ進むのがおすすめ。本当に基本的なことから実習までしっかり映像について学ぶことができます。美術大学出身のクリエイターは多いので、在学中のアルバイトや卒業後のコネがある場合も多く何かと有利です。
プロデューサーなど、ちょっと違った道から映像に関わりたいという場合は美術大学を出る必要はないかもしれませんが、やはり現場を理解するためにも芸術大学へ進めるのならおすすめします。
美術大学でなく普通の大学にも、芸術専攻、映像専攻などの学部があります。

サークル

入った大学に映像系や美術系の学部がなかった場合は、映像制作系のサークルや部活に入ってみてはいかがでしょうか?少ない資金の中でよりクオリティの高い映像を作る技術を先輩から教えてもらえますし、技術がしっかり身に付けば映像製作会社への就職も可能です。また、趣味で自主制作映画を撮る楽しみも増えますよ。

専門学校

美術大学と少し似てはいますが、こちらはより専門的に映像制作のみを学ぶことができます。大学に比べて期間も短く、すぐに就職して現場で活躍したい!という方にもおすすめです。専門学校では普通の映像制作に加えてCGやアニメーションなども学べる学校もあります。

独学

学校へ行く時間もお金もないし、そこまで本格的に学びたいわけではない…という方は独学になってしまいます。しかし、最近はyoutubeへの動画投稿も一般的になり、映像制作に関する書籍や情報も増えてきました。趣味程度に映像に関わりたい場合は、独学でも十分かもしれませんね。
書籍やオンラインスクールなどお金を支払って技術を学ぶ方法もありますが、youtubeなどで検索すれば無料で映像技術を公開しているユーザーもいます。プロソフト顔負けの無料編集ソフトもあるので、実質機材のお金だけで映像を作ることができてしまいます。
ちなみに弊社、株式会社アキプロの代表も映画好きが高じて独学で映像を学び現在にいたります!映像の世界で活躍するためには必ず専門的な学校を卒業する必要はないということを体現されていますね…!

本気で映像制作を学んでみよう!

映像制作が学べる場所をご紹介しました。映像クリエイターは昔から人気の職業ではありますが、高い技術の他に体力や精神力も必要な大変な職業です。本格的にその道を目指したいなら、学校でしっかり基礎を鍛えておきましょう!


関連記事

ページ上部へ戻る