ブログ

自分でミュージックビデオを作ってみよう!

自分で好きな音楽に映像をつけられたらとっても楽しいですよね。また、ミュージシャンなら自分たちの音楽を知ってもらうためにもミュージックビデオは欠かせない存在です。
今回は、そんなミュージックビデオの作り方やコツをご紹介いたします。初心者から上級者まで、ぜひチェックしてみてください!

①曲を決めよう!

まずはどの曲でミュージックビデオを作るのかを決めましょう!このとき、曲の長さも合わせて確認してください。あまりに長いと最初は挫折してしまうかもしれないので、ショートバージョンとして短いミュージックビデオを作るのもいいかもしれません。

②絵コンテで構想を練ろう

曲が決まったら、だいたいの構成を考えていきます。本格的なストーリー仕立てのミュージックビデオにするのか、ライブ映像をつなぎ合わせるのかなどなど…。頭の中で思い描いている構想を絵コンテに書き出してみるとこのあとの撮影もしやすくなります。素人が撮れる範囲の無理のない映像なのかどうかも確認しておきましょう。

③いよいよ撮影!

構想が決まれば、次はいよいよ撮影です。初めてだとなかなか思うように撮影できなかったり絵コンテ通りにいかないこともありますが、ミュージックビデオは音声や演技にあまり気を使わなくていいぶん多少荒くても大丈夫!たくさん素材を撮っていきましょう。

④編集ソフトを使いこなそう

映像素材を一通り撮り終わったら編集作業に入ります。編集ソフトに音源と映像を取り込んで、絵コンテで構想したように映像をつなぎ合わせていきます。有料の編集ソフトは使いやすいものが多く、今後たくさんミュージックビデオを作るつもりならぜひ購入しておいてほしいですが、無料でも優秀なソフトはたくさんあります。まずは自分が使いやすいものを見つけてみましょう。
編集も撮影もスマホで行いたい!という方は、編集機能があるアプリを使うことでパソコンをいちいち広げなくてもミュージックビデオが作れます。便利な時代ですね…!

⑤エフェクトなどで仕上げ!

編集が終わって、最初から見直してみても違和感がないくらいまで仕上がったら、最後にエフェクトやフィルターをかけていきます。エフェクトやフィルターは、例えば色味の補正や明るさの調整といった見やすさを考えたものから、ちょっとおしゃれな色味などよりミュージックビデオに深みを出すものがあります。
グループ名や曲名、歌詞を入れたい場合もこのときに入れていきましょう!

⑥エンコードして完成!

映像も完成し、やっと一息。その前に!エンコードも済ませてしまいましょう。現在の映像は、短い映像をつなぎ合わせただけの超巨大な容量のファイルになっています。エンコードして容量をまとめることで軽くて見やすく、SNSへのアップロードなどにも適したファイルになります。
ソフトや内容にもよりますが、エンコードには少し時間がかかることが多いです。
エンコードが完了したらミュージックビデオの作成は以上となります!あとはSNSにアップしたり。DVDに焼いて配ったりしていろんな人にミュージックビデオを見てもらいましょう!

構成が思い浮かばないときの参考に!

ミュージックビデオの作り方をご紹介しました。世間には本当にたくさんのミュージックビデオがあり、自分でも簡単に撮れそう!と思ってしまいます。しかし構成を考えてみると意外と何も思い浮かばない…!ということ、あると思います!
構成はミュージックビデオだけでなくその曲のイメージも変えてしまう超重要な存在!何も浮かばない…という方は、最近話題になった岡崎体育さんの「MUSIC VIDEO」からヒントを得てみてはいかがでしょうか?

言わずと知れたミュージックビデオあるあるが詰め込まれたミュージックビデオ!ミュージックビデオをよく観察していて、おもしろいけどとってもためになる情報がいっぱいです!

プロや知り合いに作成をお願いするのもアリ

撮影まではできても、編集となるとちょっとハードルが高い…という方は、プロに依頼してみるのもアリです。構成、撮影、編集まで行ってくれたり、素材を渡せばかっこよく編集してくれたり。完成度の高いミュージックビデオを作って、視聴者を増やしましょう!
ミュージシャンはクリエイターとのつながりを持っている人も多いので、相談したら紹介してくれることもあります。周りにミュージックビデオを作ったことがある人がいるのなら、どんな風に、誰に依頼したのかなどを教えてもらうといいでしょう。

かっこいいミュージックビデオを作ってみよう!

ミュージックビデオの作り方やちょっとしたコツをご紹介しました。「自分の楽曲をもっといろんな人に知ってもらいたい」「曲の魅力が伝わるミュージックビデオを作りたい」「映像制作の第一歩としてミュージックビデオを作ってみたい」そんな気持ちがあるなら早速構成を練って撮影を始めてみましょう!世界にひとつだけのとってもかっこいいミュージックビデオを作ってみてくださいね。


関連記事

ページ上部へ戻る