ブログ

「動く写真」が撮れる!話題のアプリPlotagraphの使い方

最近、インスタグラムで話題沸騰中の動く写真。特殊なカメラを使っているのかと思いきや、実はスマホのアプリで簡単に撮影することが可能なんです!スマホアプリ「Plotagraph」を使っておしゃれな動く写真を撮る方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「動く写真」ってそもそも何?

「動く写真」を見たことがない方のために、まずは動く写真についてご紹介いたします。動く写真とは、人物や風景はただの写真なのに、海や雲などの景色だけが動いているという動画のような写真のような、とっても不思議な写真です。

https://www.instagram.com/p/BYP2ch2gPFB/?taken-by=vacationlife_masaki

例えばこんな感じ。雲と海だけが動いているのがわかりますか?
こういった作品は正式には「シネマグラフ」と呼ばれるそうです。シネマグラフを作るには、動画編集ソフトを用いたり高度な技術が必要となります。
しかし最近、こんなシネマグラフを簡単に作れるアプリが登場しました!

スマホアプリでシネマグラフを作ろう!

シネマグラフが簡単に作れるのが、スマホアプリ「Plotagraph」。
かなり優れた機能を持ったアプリなので600円課金する必要がありますが、充分にその価値はあるアプリですよ。タブレットからでもインストールできるので、早速使ってみましょう!

こちらの動画で詳しく解説されていますので、この動画を元に使い方を紹介していきます。

アプリを開いたらまずはシネマグラフにしたい画像を用意します。そして画面の下部分にあるアニメ化のボタンをタップ。動かしたい部分を、動かしたい方向に向けて矢印をつけていきます。長さも調節できるので、プレビューしながら調節していきましょう。

次にマスクをタップ。動かしたくない部分を選択していきます。このマスクはサイズを変えることができるので、大きな建物から人物の細かい部分まで丁寧に調整することができます。微調整を重ねてくださいね!

最後にイレイザーでマスク部分を消したら、シネマグラフの完成です!

ちなみにアンカーという機能もあります。これもマスクと似たような機能で、動かしたくない部分をブロックすることが可能。点でつないでいくので、より細かく調整したい、画像を大きく囲って調整したい場合などに使うことができます。

これだけで本格的なシネマグラフが完成!そのままSNSに共有することも可能です。

さきほどご紹介した動画内で、より詳しい例もいくつか掲載されています。旅行に行って素敵な景色の写真を撮った際は「Plotagraph」を使ってSNS映えするシネマグラフを作ってみましょう!


関連記事

ページ上部へ戻る